2代目フリードのブレーキ鳴きに対策品が出たらしい

先日ホンダディーラーにてフリードプラスの1年点検を行ってもらいました。消耗品であるフィルターに汚れが目立つ以外は特に異常は見当たらず、ひとまず安心ってことで点検の話は終わりです。

さて、自分所有の車体はブレーキ鳴きの症状に酷く悩まされています。前回オイル交換の際に対策処置をして貰ってから2000キロくらいまでは無音だったのですが、その後突然いままでで一番甲高い音が出るようになり、最近は家の駐車場から住宅街をノンブレーキで走り抜けるべく遠回りして出掛けるようにしています。近所迷惑なので。その音は古びた金属製のドアを開ける時のような擦れる音よりも酷く、黒板を爪で引っ掻いた時のような音を何倍増しした程度。

納車後半年もしないうちこのブログで取り上げてからもう2年が経過したみたいです。車はだいたい3ヶ月に1回の頻度でオイル交換をしなければならないくらい走行していて、もうすぐ8万キロとなります。

そんななか先日の1年点検でディーラーに行った際、いつものブレーキ鳴き対策よろしくと伝えてから買い物の出掛けていたら1本の電話が着て「対策品が出ているようです」とのこと、それに「保証で直せそう」と言われたのですぐに「本当に大丈夫なんですか」と聞き返したのですが「保証期間内」との返答。このやり取りは友人が証人として召喚出来るのはさておき、整備士さんは走行距離数を見落としていたようです。

ホンダの保証は3年6万キロ保証。

残念ながら自分所有の車体はもうすぐ8万キロなので保証対象外となるわけですね。車引き取りの際は謝罪なく別の整備士さんに無償交換は出来ない見込みとの通知を受けました。

交換部品など詳細は教えて貰えませんでしたが、自分の車体が後輪のみブレーキ鳴きの症状が出ているため後輪ブレーキの何かしらの部品と思われます。個人的な見解ではブレーキパッドをディスクから跳ね返すためのバネ周りに問題があると見ています。前後のブレーキは共通じゃないのとか、そもそもガソリン車の後輪はドラム式だとか細かいことは素人なため全くわかりません。

気になる交換費用は部品代だけで2万4千円程度、工賃は1万くらいだったと記憶しています。対策品とだけあって保証期間内であれば無償交換となるはずなので、GB5/6/7/8系フリード所有の方は今すぐクレームを入れましょう。

自分所有の車がその後どうなるかはメーカー回答待ちです。結果次第では車体売却も視野に検討します。

遂に日本でも発表されたRAV4がすごく魅力的ですねー。3ナンバークラスは家の駐車場に入庫出来ない問題があるため論外なのが残念。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。