フリード+のホイールが決まらない

フリード+に履かせるホイールを超迷っています。

というかもうこれだ!っていうのを決めていたのですが、残念ながらこのクルマには履かせることができないという残念な結果に…。ちなみに決めていたのは、SSR GT V02というホイール。17インチからの設定があり、新型フリード・フリード+(2016年9月〜)に装着することは可能です。しかし、ここで問題が発生します。

そもそもフリードはインチアップに対応していない

ということなんですよね。プロのお話を聞いてから確認したところ、確かに無理だな、と。リアは余裕がありますが、フロントが純正でもなかなかギリギリなところを攻めてる感じ。対策は可能ですが、もちろん費用もプラスされます。

具体的な話をすると、1サイズ上のタイヤを選択するとフェンダーからタイヤがはみ出し車検を通らない仕様の車になってしまうんです。前乗っていた車では純正から2サイズアップしてたので苦労しましたw

タイヤにも色々なサイズがありますが、このフリードは純正のタイヤサイズとして185/65R15が設定されていて、1サイズアップさせると現実的には195/55R16を選択するのかなと思います。185と195がタイヤの幅(路面に設置する部分)を表しているのですが、サイズアップすることにより1センチも幅が広くなるということが読み取れます。

ここで当初決めていたSSR GT V02というタイヤの設定を見てみます。条件として、設定上の最小値である17インチを選択しています。あと忘れちゃいけないのがナット数。今回のフリードは5穴です。となると、205/45R17となりますので、純正から2センチも幅が広くなるということ。アウトー!間違いなく車検は通りません。対策しようにも費用と改造申請を提出しなくてはいけなくなるかもしれません。そんなの面倒ですし、そこまでしてドレスアップしたいという気持ちはありません。

上の方でもでかでかと書きましたが、そもそもサイズアップに対応していないこのクルマは、195/55R16選択したとしてもフロント部分が数ミリはみ出します。車高を下げることで対応できます。

ということでホイールが決まらない

もうモデューロのMG-018で良くない!?フリード注文時、周りから批判食らったホイールだけど、自分が良いんなら良いんよ。

タイヤはね、ヨコハマだよ。

前の車でも履かせていましたが、タイヤはBluEarth-A AE50を今回も選択しようと思います。夏はヨコハマ、冬のブリヂストンて感じで今回もこの路線を守っていこうと思います(^0^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。